音楽ライブユニット ぽんかん。のページへようこそ!

「ぽんかん。」名前の由来・・・

「ぽんかん。」は、谷口尚美(ヴォーカル、ピアノ、ハープ)、岸本みゆう(オカリーナ、クラリネット、ギター)の音楽ライブユニットです。名前に「。」(マル)があるのがポイントです。

場面によっては、ときどきメンバーが加わって、「ぽんかん。+1」(ぽんかんぷらすわん、と読んでください。)になることがあります。もちろん、二人加われば、ぷらすつーになります。

「ぽんかん。」は、みなさんよくご存じの、ミカンの名前です。

普通に読んだら、ミカンの名前ですが、大きな声で「ぽんか~ん!」と叫んでみてください。

笑えるでしょう(*^。^*)


この響きと、ニュアンスが大好きなんです。
「ぽんかん。」(または「ぽんかん。+α」)は、結婚式場、お店、イベント会場など、いろんなところに出没します。

もし、どこかでお会いしたなら、お気軽に「ぽんか~ん。」と声をかけてください。

 

CD制作中です!

鳥取市覚寺、鳥取砂丘にほど近い山の中腹にある古くからあるお寺、摩尼寺にある如来堂というところで、2016年12月から録音を始めました。摩尼寺に常時おられるお坊さんとぽんかん。の二人が2016年5月ふと知り合い、そこからさまざまな縁が生まれました。

 

5月の時点では、谷口も岸本もそれぞれにここを訪れるのは何十年ぶりという状況でした。そのお坊さんは数年前にここに和歌山から来られたということでした。

摩尼寺について

摩尼寺について詳しくは、特別霊場 喜見山 摩尼寺を御覧ください。これは、中国観音霊場のホームページです。

 

ピアノの調律をしています。

岩美オカリーナ・クラブ☆協賛のお願い

 岩美オカリーナ・クラブは、これまで主としてチャリティ・ライブ(コンサート)の企画・実行をやってきました。クラブの主要メンバーである、ボーカリスト谷口尚美とオカリーナ奏者岸本みゆうによる音楽ユニット「ぽんかん。」では、チャリティ・ライブをはじめ、特別養護老人ホームや各地の公民館等の訪問演奏等に際し、実費負担で各地にあるピアノの調律等も行ってまいりました。
 2011年は、3月27日・30日、5月15日に倉吉市未来中心アトリウムにて、チャリティ・イベントを行い、また、6月4日倉吉BYヨシダ3FのBYホールでのオカリーナ教室発表会の会場にも募金箱を置かせていただき、2011.6.4現在までに41,745円の募金を集めることができました。皆様のご協力に感謝いたします。
 今後も同様の活動を可能なかぎり続けたいと思っています。これらの活動に賛同していただける方の協賛金を募集し、活動資金に充てたいと思います。皆様のご協力をお願いします。